特集・記事
編集部

「微笑む人」(実業之日本社文庫)がTVドラマ化決定!

共有する
関連ワード
『微笑む人』ドラマ
『微笑む人』書影

当社原作小説『微笑む人』がこの春、テレビ朝日系日曜プライム枠(毎週日曜よる9時)にてTVドラマ化されることが決定しました!

今回、初めてドラマ化されることになった同作は、2010年に『後悔と真実の色』で第23回山本周五郎賞、『乱反射』で第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した貫井徳郎氏が、2012年に小社から発表した作品です。
 誰もがうらやむエリート銀行員が妻子を殺害する、という世間を騒がせた事件を追ううちに、彼の過去に隠された衝撃の真実が判明――次々と明らかになっていく事実と、ラストに待ち受ける驚がくの展開。貫井氏自身に、「ぼくのミステリーの最高到達点」と言わしめた今作は、「ミステリーの常識を超えた衝撃作!」と大きな話題を呼びました。 
今回のドラマには小説にはないオリジナルのキャラクターも登場。貫井氏が描いた世界はそのままに、ドラマならではのスリリングな展開も盛り込み、待望の初映像化が実現します!

今回、主演を務めるのは、近年、数々の注目作品に出演し、役柄の幅を広げてきた松坂桃李さん。松坂さんが演じるのは、妻子を殺害したエリート銀行員・仁藤俊美(にとう・としみ)。一流大学を卒業後、大手都市銀行に就職し、妻子とともに幸せな生活を送っていたはずが、突然妻と娘を溺死させた罪に問われる男性です。

今作でドラマオリジナルキャラクターとして登場する、週刊誌の女性記者・鴨井晶(かもい・あきら)。『週刊海潮』の契約記者で、夫に家事を任せ、再び第一線の記者として活躍しようと奮闘。ドラマ内で仁藤の事件は、晶の目線で語られていくことになります。
 そんな晶を演じるのは、実力派女優として映画・ドラマで活躍する女優・尾野真千子さん! 松坂さんとは『この世界の片隅に』(2018年TBS)以来、二度目の共演となり、前作での姉弟役から一転、今回は殺人事件の被告と、彼を追う週刊誌記者という立場で相対することになります。

誰も想像がつかなかった衝撃のラスト――その息を飲むような結末に、あなたは震撼する…!

【番組情報】

◆番組名
日曜プライム ドラマスペシャル「微笑む人」
◆放送局・日時
2020年3月1日(日)よる9:00~ (予定) 
テレビ朝日系全国ネット
◆出演者
松坂桃李 尾野真千子 他
◆原作情報
『微笑む人』(実業之日本社文庫)
著:貫井徳郎
◆脚本
秦建日子
◆監督
落合正幸