特集・記事
編集部

「アリバイ崩し承ります」(実業之日本社文庫)が連続TVドラマ化決定!

共有する
関連ワード

「2019 本格ミステリ・ベスト10」第1位作品
大山誠一郎「アリバイ崩し承ります」が
テレビ朝日系で連続TVドラマ化決定!

アリバイ崩し承ります

「アリバイ崩し承ります」スチル写真

当社原作小説『アリバイ崩し承ります』が2020年、新年の幕開けを飾るテレビ朝日系 土曜ナイトドラマ1月クールでのドラマ化が決定しました!

今回、初めてドラマ化されることになった同作は、2013年に『密室蒐集家』で『本格ミステリ大賞』を受賞したトリックの名手・大山誠一郎さんの最新作。
祖父の跡を継いで時計店を営む主人公が、“時計店で働く者こそ、時間にまつわるアリバイ崩しに適任”という信念で、時計修理と平行して事件の真相を解明する本格謎解きミステリー。
『2019 本格ミステリ・ベスト10』で1位に輝き、本格派にも関わらず、気軽に謎解きを楽しめる“新感覚ミステリー”と呼び声の高い名作です。

今回のドラマ化にあたり、この時計店の若き店主・美谷時乃(みたに・ときの)を演じるのは、新進気鋭の若手女優・浜辺美波さん。
大絶賛された主演映画『君の膵臓を食べたい』(2017年)以降、CMやドラマなどに引っ張りだこ、現在、映画『屍人荘の殺人』(12月13日公開)、『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020年8月公開予定)、『約束のネバーランド』(2020年公開予定)が公開を控えるなど破竹の勢いで躍進中の浜辺さんが、満を持してテレビ朝日の連続ドラマに初主演します!

ひょんなことから時乃の営む時計店の裏にある母屋に下宿することになる、左遷されてきた警察キャリア・察時美幸(さじ・よしゆき)を演じるのは、演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーでもある名優・安田顕さん。 ドラマ『下町ロケット』(2015年)、『小さな巨人』(2017年)、『俺の話は長い』(2019年)をはじめ、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(2018年)、『ザ・ファブル』(2019年)など話題作に多数出演、シリアスな役はもちろんのこと、絶妙なさじ加減で笑わせるコメディー色の強い役まで、どんな色にも染まることができると評判の天才俳優です。

今作では、アリバイ崩しの名人・時乃役の浜辺さんと、プライドの高い警察キャリア・察時役の安田さんが、図らずしもバディーとなり、事件を解決に導くことになります。
骨太な本格ミステリーなのに、思わずクスッと笑ってしまう…新生凸凹コンビが繰り広げる爽快な謎解きドラマに、どうぞご期待ください!

【番組情報】

◆番組名
土曜ナイトドラマ「アリバイ崩し承ります」
◆放送局・日時
2020年2月1日スタート
テレビ朝日系 毎週土曜よる11:15~
◆出演者
浜辺美波、安田顕 他
◆原作情報
『アリバイ崩し承ります』(実業之日本社文庫)
著:大山誠一郎
〈※文庫版は2019年11月25日発売〉
◆脚本
いずみ吉紘 ほか
◆監督
河合勇人
星野和成
◆制作
テレビ朝日
MMJ