お江戸八百八町三百六十五日

タグ
シリーズ
  • 新書判200ページ
  • 2012年11月08日発売
  • 価格 838円(税込)
  • ISBN 978-4-408-61278-2
    • 品切重版未定
お江戸八百八町三百六十五日

内容紹介

楽しくわかりやすい! 江戸の生活と風俗

毎年八月一日、江戸城には大名・旗本がなどが総登城、その行列を見物しようと城外もお祭り騒ぎ。そんな八月一日ってなんの日? 江戸の町で歩行者は現代とちがって左側通行だったが、その理由は…など、知ってびっくりの江戸風俗トリビアをはじめとして、武士・町人など江戸の住民の一年を分かりやすく、丁寧に解説。また、幕末の江戸を舞台にした、人気テレビドラマ「JIN-仁-」の時代考証を担当した著者ならではのドラマの制作裏話やロケ現場写真も満載。黒船がなぜ日本にきたのか、また安政の大地震が明治維新を早めた事情なども解説。肩が凝らず、気楽に江戸情緒が楽しめる一冊。