2002年ワールドカップの真実日韓15都市の熱戦を巡って

タグ
シリーズ
  • 四六判224ページ
  • 2002年09月07日発売
  • 本体価格 1300円+税
  • ISBN 978-4-408-61216-4
    • 品切重版未定
2002年ワールドカップの真実

内容紹介

アジアで初めて、しかも日本と韓国の二国共催という形で行われた2002年ワールドカップ。日韓の代表チームの躍進やスーパースターの活躍やアイドル選手の出現などで、熱狂のうちに幕を閉じたが、この大会が残したものはそれだけだったのだろうか? 1974年の西ドイツ大会以来、すべてワールドカップを現地で観戦取材してきた、著者の目には、なにが映ったのか? 開幕戦から決勝戦までの1カ月にわたって、日韓の都市を巡り歩き、ワールドカップの核心に迫った渾身の書き下ろしレポート。また、開幕6カ月前から週刊漫画サンデーに連載していた、ワールドカップ直前コラムも大幅加筆して掲載。