帝国護衛艦隊、太平洋を征く(3)大和撫子紫電改2

タグ
シリーズ
  • 新書判240ページ
  • 2012年08月09日発売
  • 本体価格 933円+税
  • ISBN 978-4-408-60673-6
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
帝国護衛艦隊、太平洋を征く(3)

内容紹介

好評大和撫子シリーズ、ついに完結!

1942年初夏、日本帝国陸海軍は戦争の帰趨を決する大作戦の準備を急いでいた。米本土攻撃において壊滅した米国艦隊であったが、底知れぬ工業力により戦力を回復しつつあった。それを一網打尽にすべく、GF(連合艦隊)とEF(護衛艦隊)はミッドウェー島攻略を計画する。一方、その準備期間中に進んだ千葉貴子予備中尉の結婚話であるが、父親の猛反対により頓挫していた。その成就に山梨首相と永田大臣は一役買うのを申し出る。また、早乙女大尉の恋にも進展が――!?
そして7月、ついにMI攻略戦の幕が切って落とされる。計画通りに進むかと思われた序盤戦だったが、帝国海軍内の意志不統一と不運が重なり、一瞬の隙を突かれたGFは空母を全て失ってしまう。窮地に追い込まれたGF艦隊とEF艦隊は、共同で乾坤一擲の突撃作戦を敢行することに…。そしてミッドウェイに日米大艦隊が集結し、雌雄を決する太平洋の大海戦がはじまる!!