小樽運河殺人事件木谷恭介自選集

タグ
シリーズ
  • 新書判228ページ
  • 2012年08月09日発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 978-4-408-60672-9
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
小樽運河殺人事件

内容紹介

「裏切り者!」と叫び声がしたあと、男の死体が運河に浮いた

北海道の観光ポイント、小樽運河で男の水死体が発見された。身元はすぐに判明、東京の画商、堀内晴彦で、美術オークション会社のオーナー。事件当日、高萩と名乗る男と会っていたことも地元警察の調査でわかった。だが、その人物はすでに数年前に死亡していた。簡単に解決すると思われた事件だが、その後、捜査は暗礁に乗り上げ、第2の殺人が起こる。地元の主任捜査官から依頼を受け、宮之原警部が小樽に飛び、闇金融の世界も関係する美術業界の暗部に切り込む。新装版。