横浜中華街殺人事件木谷恭介自選集

タグ
シリーズ
  • 新書判248ページ
  • 2010年12月10日発売
  • 本体価格 857円+税
  • ISBN 978-4-408-60621-7
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
横浜中華街殺人事件

内容紹介

古巣の街で宮之原警部が縦横無尽の大活躍!

古い知り合いの新聞記者・今西から、久々に連絡が入り、難事件が持ち上がったという。街中で突然、女子大生が蒸発したのだ。宮之原はさっそく、古巣の横浜を訪れ、山下町界隈の生き字引ともいわれ、広告会社を経営している近野に会いに行くと、そこの女子社員が失踪した女子大生の友人だったことがわかる。彼は最近、地元で「無尽」に絡んだトラブルが起きたことを打ち明けると、その晩、横浜港で水死体となって発見され、蒸発事件は次々に謎を広げていく。宮之原警部が体を張って、真犯人に立ち向かう。新装版。