奥入瀬殺人渓流

タグ
シリーズ
  • 新書判236ページ
  • 2006年05月18日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60377-3
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
奥入瀬殺人渓流

内容紹介

事件の発端は西穂高の稜線から、登山者が足をふらつかせて転落した事故に、山岳救助隊員の紫門が関わったことだった。その転落死に不審を抱いた紫門は、同じような転落死が伊豆半島・石廊崎の岩場や、南アルプスの北岳でも起きていたのを知った。紫門の捜査の結果浮かび上がってきた容疑者には、しかし、確たるアリバイがあった……。