青葉城、殺人恋唄

タグ
シリーズ
  • 新書判212ページ
  • 2006年03月02日発売
  • 価格 943円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60363-6
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
青葉城、殺人恋唄

内容紹介

夕刊サンの記者・可能克郎は、編集長の命令で仙台へ出張することになった。そこで民政党次期党首の呼び声高い大物政治家・南条とその美貌の参謀・大塔寺燃を取材する予定だったのだが、ふたりとも捕まらない。仕方なくホテルの自室に戻った克郎だが、ふと目覚めると浴室に真っ赤なチャイナドレスを着て女装した美少年の死体が!! そこにやってきた燃の妹・倫と共に死体担いで逃げ出す羽目になった克郎は、その上女殺し屋に狙われて――はたして克郎の運命は!?