名画は踊る越前殺人事件

タグ
シリーズ
  • 新書判284ページ
  • 2005年12月19日発売
  • 価格 943円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60351-3
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
名画は踊る

内容紹介

日本3大松原のひとつ、福井県気比の松原で退職間近の敦賀市職員が殺されて発見された。その手には「藤早苗」の文字の書かれた雑誌の切り抜きが遺されていた。そして犯人が捕まらないまま捜査も行き詰まった半年後、武生市役所に夭折の天才画家・佐伯祐三の未発表作品を寄贈したいと、謎の女が訪ねてきた。だが、その名画を引き取りに出かけた職員が謎の失踪を遂げ、さらに同僚の女性職員も行方不明に……。上島警部と推理作家吉本紀子が、恐るべき奸計に挑む!