天城峠 桜トンネルの殺人

タグ
シリーズ
  • 新書判228ページ
  • 2005年01月28日発売
  • 本体価格 838円+税
  • ISBN 978-4-408-60309-4
    • 品切重版未定
天城峠 桜トンネルの殺人

内容紹介

伊豆・天城トンネルの取材に来ていた雑誌記者・西東南は、川端康成の文学碑の傍らで若い女性の殺された死体を見つけた。鮮やかな桜色のスーツに身を包んでいたが、顔が無惨に潰されていた。死体の身元は誰か? 犯人はなぜ被害者の顔を潰したのか? 静岡県警の村嶋なつみ刑事とともに、南は事件の解明に乗り出していく。容疑者はすぐに浮かんだように見えたが……。書き下ろし長編ミステリー。