下呂高山 殺人街道

タグ
シリーズ
  • 新書判280ページ
  • 2004年10月20日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60292-9
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
下呂高山 殺人街道

内容紹介

下呂温泉フェスティバルの目玉企画、温泉資料館のオープニングイベントの司会として元アイドル・中川泉は故郷に戻ってきたが、開館式直前、理事長の竹浪が車ごと失踪、深夜になって温泉で死んでいるのが発見された。絞殺だった。警察は同時に失踪した運転手を追うが、まったく手がかりはない。一方イベントの代替として企画された推理作家・吉本紀子のサイン会当日、今度は泉が行方不明に。彼女は資料館に残された写真を手がかりに何者かに会いに出かけたらしい。日本3大名湯の一つ・下呂温泉で、吉本紀子の推理が冴える!