奥飛騨、殺人慕情

タグ
シリーズ
  • 新書判224ページ
  • 2004年09月17日発売
  • 価格 943円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60290-5
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
奥飛騨、殺人慕情

内容紹介

敏腕イベントプロデューサー・大塔寺燃、妹の倫とともに奥飛騨の山間の松乃井町を訪れた可能克郎。町おこしイベントとして人気演出家を招き、かつての名旅館「陽気亭」で化け猫芝居を興行することになったのだ。だが道具の確認に赴いた克郎と倫を待っていたのは、刺し殺された男と、記憶を失った謎の美少年だった。現場は中から鍵がかかっており他に人影はない。はたして少年が犯人か? 殺された男が探していたものは? イベント開始が迫るなか、彼の無実を信じる燃たちは犯人探しを開始する――。