立山連峰殺人事件

タグ
シリーズ
  • 新書判226ページ
  • 2003年02月16日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60213-4
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
立山連峰殺人事件

内容紹介

事件の発端は、雪洞に貯蔵しておいた食料を口にした登山パーティの一人が、青酸性の毒物によって急死したことだった。だれが、何のために、貯蔵してある食糧に毒物を混入させたのか? 単なる愉快犯のいたずらなのか、あるいは明確な意思を持った殺人事件なのか。豊科署の道原刑事が捜査に乗り出した。しかし、事件はさらに奇妙な様相を呈してきた。おなじ山岳仲間のパーティが、滑落事故に遭遇したのだ。この滑落死は事故なのか、殺人なのか。懸命の捜査が続く……。傑作山岳ミステリー。