神戸・真夏の雪祭り殺人事件

タグ
シリーズ
  • 新書判224ページ
  • 2003年07月31日発売
  • 本体価格 838円+税
  • ISBN 978-4-408-60188-5
    • 品切重版未定
神戸・真夏の雪祭り殺人事件

内容紹介

神戸・六甲山カンツリーハウスで開催中の「真夏の雪祭り」会場の雪の中から、男の変死体が発見された。着衣など身元がわかるものは何一つ残されていなかったが、男の口の中から奇妙なメモが発見された。メモには「但馬→三河→石見→備前→兵庫」の文字。絞殺されてから雪の中に埋められたらしい。イベント準備でにぎわう中、いったい誰が……。被害者の身元も判明しない難事件に、兵庫県警捜査一課・篝班の懸命の捜査が続く。神戸在住の著者による会心の書下ろしミステリー。