安保徹の長寿革命がん、認知症、寝たきりにならないシンプルな生活術

タグ
シリーズ
  • 四六判176ページ
  • 2015年05月29日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-59437-8
    • 在庫あり
安保徹の長寿革命

内容紹介

安保理論の入門にして集大成

日本人の平均寿命は年々延びていますが、平均寿命が延びるほど、人が不健康な期間も延びるであろうと予想されています。せっかく長く生きられるようになっても、病気で苦痛を受ける時間が多くなるのでは、長生きするのも考えものです。高齢になったからといって、むやみに血圧を気にしたり塩分やコレステロールを控えたりして、生き方を萎縮させる必要はないのです。生命は自然界が生み出し、38億年もの年月につちかわれて進化してきたものです。人間の体も、自然とのつながりから始まる全体の調和の中にあることを意識してください。病気を治せるのは医師ではなく本人の力であることが理解できると思います。理解して自分の体の腑に落ちることが非常に大切で、これこそが健康への近道です。(「はじめに」より抜粋)

目次

Chapter1 生命の仕組みから健康を理解する
第1話 38億年の生命史が教える健康の秘訣
第2話 がんが怖くなくなる話
第3話 自律神経は自然界とつながっている
第4話 妊娠・出産からみえる生命と免疫の巧妙な仕組み
第5話 血流と体温が生命を守る仕組み
第6話 健康なまま長生きするために知っておきたい生命の摂理

Chapter2 すぐできる! 健康寿命を延ばす生活術
睡眠・食事・入浴・運動・生き方