歌舞伎の彩り

タグ
シリーズ
  • 四六判上製216ページ
  • 2008年09月25日発売
  • 本体価格 1800円+税
  • ISBN 978-4-408-59337-1
    • 品切重版未定
歌舞伎の彩り

内容紹介

もっと歌舞伎を好きになってほしい。

歌舞伎に興味を持つ人の最初のきっかけは「綺麗だ」「美しい」ということに始まる場合が多い。歌舞伎の美しさは役者の持っている「花」にある。その花を引き立たせ、華麗でドラマチックな彩りを添えるのが、歌舞伎に古くから受け継がれてきた演出の手法や型である。それらの伝統的な要素を理解・会得することによって、歌舞伎を観る目はさらにたかまり、より充実した楽しみが増してくる。本書では衣装、大道具、小道具、舞台構造、下座音楽など、歌舞伎に伝えられた様式の基本の型を、具体的な演目に即して解りやすく解説する。歌舞伎入門者にも最適の一冊。