北海を翔けた男まんが高田屋嘉兵衛ものがたり

タグ
シリーズ
  • A5判328ページ
  • 2000年11月08日発売
  • 本体価格 1000円+税
  • ISBN 978-4-408-59142-1
    • 品切重版未定
北海を翔けた男

内容紹介

淡路島の貧しい農家に生まれながら、幼いころから海に憧れ兵庫に出て船乗りとなり、たった3年で船頭になった高田屋嘉兵衛。彼は持ち前の商才と負けじ魂から、28歳で当時最大級の北前船を建造、日本海周りの交易で流通業界に革命をもたらし、さらに北海道・箱館を拠点に北地開拓者として大きな業績を残した。また、南下をはかるロシアとの確執に巻き込まれながら、国際人としての手腕を発揮し、日露和平の立役者となった……この幕末の風雲児の波瀾の生涯を描いた異色まんが。