津軽龍飛崎殺人紀行私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判304ページ
  • 2022年04月08日発売
  • 価格 825円(税込)
  • ISBN 978-4-408-55721-2
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
津軽龍飛崎殺人紀行

内容紹介

北の海峡に死の風が吹く――
連続殺人と消えた女の謎!

人気旅情ミステリー!

海峡を見下ろす断崖で、男が最期に見た風景は?

「人生の最後に、行きたいところへ、ご案内します」
閑古鳥が鳴く小仏探偵事務所のチラシを見て訪ねてきたのは八十三歳の男性だった。
長崎で見たいところがあると申し込んできたのだ。
ところが、その旅から帰った数日後に、
男ははるか北の青森・津軽龍飛崎の草むらで死体となって発見された。
なぜ彼は青森に向かったのか。
背景には女の影が…!?

目次

〈目次〉
第一章 人生を閉じる前に
第二章 龍飛崎
第三章 伊那の日記
第四章 黒いさざなみ
第五章 長崎の鐘
第六章 納沙布岬
第七章 闇に沈む足音