父 渋沢栄一

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判480ページ
  • 2020年12月04日発売
  • 本体価格 820円+税
  • ISBN 978-4-408-55634-5
    • 在庫あり
父 渋沢栄一

内容紹介

日本経済の父の生涯と、家庭人としての素顔

江戸から昭和へと四つの時代を駆け抜けた実業家、渋沢栄一。

新政府では大蔵省の官僚として、そして民間では多くの企業の創立や発展に携わる経済人として生きる中で、彼が重要視したのが〈公益の追求〉である。道徳に従った活動こそが経済の持続につながるという。息子の視点から、家族とのエピソードを交え栄一の生涯を俯瞰する随一の伝記、待望の文庫化!