ぼくの映画人生

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判352ページ
  • 2020年07月17日発売
  • 本体価格 950円+税
  • ISBN 978-4-408-55603-1
    • 発売予定
ぼくの映画人生

内容紹介

生い立ちから映画論まで、縦横に語った決定版!

映画とともに生き、道なき道を切り拓いてきた著者・大林宣彦監督が、70歳を機にその半生と映画論を語った「自伝のような一冊」。生い立ち、自主製作時代、尾道三部作、これからを生きる人へのメッセージ……すべての人の背中を押す、勇気の書。長年親交のあった赤川次郎氏が、惜別の想いを込めて綴った文庫版解説「『ふたり』の思い出」を収録。

2020年7月31日劇場公開予定・大林宣彦監督作品「海辺の映画館―キネマの玉手箱」と併せて読みたい一冊。

解説 赤川次郎

装幀と絵 和田 誠