信長・秀吉・家康 天下人の夢

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判352ページ
  • 2020年06月05日発売
  • 本体価格 720円+税
  • ISBN 978-4-408-55597-3
    • 発売予定
信長・秀吉・家康 天下人の夢

内容紹介

危機の時代、真のリーダーの戦略と決断とは!?

〈戦国〉の第一人者が三人の覇者を語り尽くす!

津本陽さん三回忌

英傑の天下取り戦略とは?戦国の新常識がわかる!

戦国時代を終わらせた、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ら三人の英雄の戦いや政策、人間像を、『下天は夢か』など「夢」三部作で戦国小説の第一人者となった津本陽と、多くの大河ドラマの監修を務める歴史学者・二木謙一との対談で解き明かす。
「長篠の合戦」「本能寺の変」「関ヶ原の戦」など歴史的事件も詳細に解説、図版も多数収録。戦国ファン必読!

目次

第一章 織田信長
辛抱強かった若き日の信長
信長のリーダーシップ
信長の人材活用術
信長の派閥対策
信長の経済政策
信長流部下の使い方
信長の宗教政策
信長の演出力
信長必勝の戦略

第二章 豊臣秀吉
秀吉の読心術
秀吉流金の使い方
秀吉の使われ方
秀吉による人の動かし方
黒田官兵衛の引き際

第三章 徳川家康
家康の経験値
家康のナンバー2活用術
二代目、三代目の甘さと徳川家

◎CLOSE UP 戦国合戦・戦国時代
桶狭間の合戦
楽市・楽座
本能寺の変
信長の親衛隊
一向一揆と石山合戦
長篠の合戦
安土城
木津川口の合戦
山崎の合戦
高松城水攻め
戦国の軍師
九州の関ヶ原
三方ヶ原の合戦
小牧・長久手の合戦
関ヶ原の合