ぼくの管理人さんさくら荘満開恋歌

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判288ページ
  • 2016年12月03日発売
  • 本体価格 593円+税
  • ISBN 978-4-408-55332-0
    • 在庫あり
ぼくの管理人さん

内容紹介

ほっこり癒され、たっぷり感じるハートウォーミング官能の傑作!

念願の東京の大学へ進学を果たした窪塚健司。
彼が住まいとして選んだのは、築六十年、風呂なし共同便所の格安物件“さくら荘”だった。
入居初日、健司は管理人の桜子に健司は一目ぼれしてしまう。
桜子はやわらかな雰囲気の美しい女性だった。
そして都会的な美女OL・美咲、ウブなメガネっ子・香澄、
そして美大を目指す浪人生・吾郎といった住人とともに、健司の新しい生活が始まった。
入居早々、美咲に筆おろしをしてもらい、
処女であった香澄の手ほどきをしつつも桜子への思いを募らせていく健司。
しかし桜子には秘密がありそうで……。
さらに平和な“さくら荘”で驚愕の事件が!?

人々の心の交流に癒される――
いまもっとも注目の作家が放つハートウォーミング官能の傑作!

目次

第一章 軋む下宿で筆おろし
第二章 ヴァージンの手ほどき
第三章 濡れる管理人さん
第四章 お礼は身体で
第五章 満開のさくら