顔のない肖像画

タグ
シリーズ
  • A6判320ページ
  • 2016年08月02日発売
  • 本体価格 620円+税
  • ISBN 978-4-408-55310-8
    • 在庫あり
顔のない肖像画

内容紹介

謎は巧緻に仕組まれた。優れた美術品のように。

死後に注目された萩生仙太郎の絵画が、30年ぶりにオークションへ出品されることになった。そこには幻の傑作も出品されるらしい。萩生の絵に魅せられた美大生の旗野康彦は『顔のない肖像画』という絵を必ず競り落とすよう未亡人から依頼される。その肖像画は幻の傑作なのか、それとも知られざる理由が……?(表題作)
究極の逆転ミステリー全7編。

【収録作】
「穢された目」「美しい針」「路上の闇」「ぼくを見つけて」「夜のもうひとつの顔」「孤独な関係」「顔のない肖像画」

「読み過ごされてきた傑作」――法月綸太郎氏解説より