小説家 森奈津子の華麗なる事件簿

タグ
シリーズ
  • A6判464ページ
  • 2015年04月03日発売
  • 本体価格 694円+税
  • ISBN 978-4-408-55225-5
    • 在庫あり
小説家 森奈津子の華麗なる事件簿

内容紹介

無人島という密室で起きた怪奇事件!
美人作家が、数々の謎を華麗にあばく!

百合からSFまで幅広いジャンルの小説を手がける美人作家・森奈津子。彼女の周りでは、なぜか事件が多発する……。

豊満な美女に拉致され無人島に監禁された奈津子。意外にも快適な島での生活を楽しんでいたが、ときに覗き見ていた向かいの島で、一人の男性が死亡したという。奈津子はなぜ監禁されたのか? 男性は死なねばならなかった理由とは――?(「なつこ、孤島に囚われ。」より)

そのほか、宇宙人にすけべな依頼をした男の行く末、亡くなった少女との再会を願う女性の本心を探っていく“不思議”に満ちた事件を全5編収録。どんな奇怪な謎に直面しても動じない奈津子が、驚くべき推理を披露! 読めば誰もが過激でエレガントな彼女に夢中になる、笑撃の傑作ミステリー。

目次

なつこ、孤島に囚われ。
勃って逝け、乙女のもとへ
うらがえし
キス
舞踏会の夜
あとがきに代えて――森奈津子さんのおかげです