恋するあずさ号

タグ
シリーズ
  • A6判336ページ
  • 2015年04月03日発売
  • 価格 652円(税込)
  • ISBN 978-4-408-55221-7
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
恋するあずさ号

内容紹介

仕事も恋も「迷子」の梓が、同じ名前の特急列車で旅に出る!

空回りしがちな仕事と、望まない結婚を迫る恋人を置いて、介護福祉士の梓(あずさ)は、新宿駅から特急あずさに乗り込んだ。上諏訪駅で下車し、諏訪湖畔で途方に暮れる梓に声をかけたのは、陶芸家の桂だった。泊まるところのない梓は、桂に連れられ長野・高遠町の民宿「すやすや」へ。雄大な自然とのんびり暮らす人々に囲まれて過ごし、心は揺れ動くが……。高遠と東京を行き来しながら、新しい生き方を見つけていく女性の姿をいきいきと描く。新しい人生に出会えるハッピーストーリー。『迷子の大人』として刊行された単行本に、書き下ろし掌編「花の咲くころ」を加えた文庫オリジナル版。

梓の目を通じて見た景色が、彼女にかけられた言葉が、
今日を生きる私たち読者の支えになっていく。
(書評家・藤田香織氏 解説より)

目次

第1話 初夏
第2話 晩秋
第3話 厳冬
第4話 陽春
第5話 ひと巡りして、初夏
花の咲くころ