永遠の夏戦争小説集

タグ
シリーズ
  • A6判616ページ
  • 2015年01月31日発売
  • 本体価格 880円+税
  • ISBN 978-4-408-55214-9
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
永遠の夏

内容紹介

戦後70年特別編集。
戦争は終わったのか? 14人の作家が描いた魂の記録。

1945年、日本は降伏を決し、第二次世界大戦が終わった。ノモンハン事件から、真珠湾攻撃、南洋戦線、従軍慰安婦、抗命事件、硫黄島、疎開先の女学生、広島原爆、外地脱出、沖縄基地問題まで、戦争を題材にした名作を収録。文学だから描けた「本当の戦争」がここにある。大岡昇平、小松左京、坂口安吾ほか強力作家陣による「文庫オリジナル戦争小説集」。誰もが強く、弱かった……戦争を生きた人々の思いとは? [編者解説/ 末國善己]

目次

柴田哲孝「草原に咲く一輪の花 ─異聞ノモンハン事件─」
坂口安吾「真珠」
大岡昇平「歩哨の眼について」
田村泰次郎「蝗」
古処誠二「糊塗」
帚木蓬生「抗命」
城山三郎「硫黄島に死す」
山田風太郎「潜艦呂号99浮上せず」
皆川博子「アンティゴネ」
徳川夢声「連鎖反応 ─ヒロシマ・ユモレスク─」
島尾敏雄「出孤島記」
五木寛之「私刑の夏」
目取真俊「伝令兵」
小松左京「戦争はなかった」