走れ病院

タグ
シリーズ
  • A6判360ページ
  • 2014年10月04日発売
  • 本体価格 620円+税
  • ISBN 978-4-408-55193-7
    • 在庫あり
走れ病院

内容紹介

全力疾走! 傑作青春お仕事小説

インド出張中に勤め先がつぶれた挙句、帰国してみれば、故郷である奈良県ちはや市で唯一の総合病院院長だった父親が急逝していた。遺された病院も倒産寸前と発覚! 元・サラリーマンで医師免許も持たない主人公の青年・風祭翔は、急遽父のあとを継ぐかたちで病院理事に就任することに……知識も経験もない逆境のなか、父の遺した病院を赤字経営から救えるか?! タイムリミットまではあと三か月。産婦人科医の辞職、医者の勤務体系問題、病院経営と銀行、患者の不満と不安、医療難民、消えた院内アンケート……。

著者・福田和代氏の綿密な取材を下敷きに、地域医療の危機と青年の成長が丁寧に描かれる。医療技術が発達することで選択肢と可能性が増えていく一方で、治療のありかた、病院のありかた自体にかかわる課題もまた山積みなっていく――きれいごとだけではやっていけない病院の“今”がわかるエンタメお仕事小説、登場! [解説/ 村田幸生(医師・エッセイスト)]