桜桃・雪の夜の話無頼派作家の夜

タグ
シリーズ
  • A6判360ページ
  • 2013年12月05日発売
  • 本体価格 600円+税
  • ISBN 978-4-408-55156-2
    • 在庫あり
桜桃・雪の夜の話

内容紹介

子供より親が大事と思いたい――駄目な男の語り口に酔う一冊

戦後無頼派の代表的作家・太宰治の名作と酒にまつわる小説・エッセイを多数収録したオリジナル作品集。「桜桃」「ヴィヨンの妻」「東京八景」などの代表作から、太宰、坂口安吾、織田作之助の三人が初めて一堂に会した「現代小説を語る座談会」(文庫初収録)まで。酔っぱらい同士の放談で意気投合した三人は、その後銀座バー「ルパン」へ繰り出して……ファン必読の一冊。

目次

【収録作品】
雌に就いて
猿面冠者
あさましきもの
満願
畜犬談――伊馬鵜平君に与える――
皮膚と心
令嬢アユ
東京八景
雪の夜の話
ヴィヨンの妻

酒の追憶
眉山
桜桃
家庭の幸福

現代小説を語る座談会
織田君の死
解説 角田光代
作品解説 七北数人