夫婦善哉・怖るべき女無頼派作家の夜

タグ
シリーズ
  • A6判384ページ
  • 2013年12月05日発売
  • 本体価格 600円+税
  • ISBN 978-4-408-55154-8
    • 在庫あり
夫婦善哉・怖るべき女

内容紹介

うまいもん食いにいこか――
大阪を愛した作家の珠玉の名作

そこには、人間の本質的なスリルがある――津村記久子(作家)
戦後無頼派の代表的作家・織田作之助の代表作と酒にまつわる小説・エッセイ等を多数収録したオリジナル作品集。デビュー作にしてすでに成熟した筆致が文壇を驚かせた「夫婦善哉」ほか、「アド・バルーン」「競馬」「世相」など大阪の風俗と庶民の喜怒哀楽を活写した小説、死の直前に書かれた「怖るべき女」「可能性の文学」まで、織田文学の真髄に触れる一冊。

目次

【収録作品】
夫婦善哉
雪の夜
姉妹
電報
アド・バルーン
競馬
世相
薬局
中毒
怖るべき女
文学的饒舌
可能性の文学 解説/ 津村記久子
作品解説 七北数人