「人間失格」殺人事件

タグ
シリーズ
  • A6判384ページ
  • 2013年12月05日発売
  • 本体価格 648円+税
  • ISBN 978-4-408-55153-1
    • 在庫あり
「人間失格」殺人事件

内容紹介

絶望にかられた青年の暴走

≪太宰は戦後日本に絶望して死にました。ぼくは21世紀の日本に絶望して死にます。ただし、悪人どもを道連れに≫
(なに言ってるの!)
声を出さずに、杏奈は叫んだ。
(太宰は死ぬつもりなんてなかったのよ。戦後の日本に絶望していたなんて、それも嘘。もっともらしい後づけの理屈。明人には、私の太宰論を何度も話してあげたじゃない。それを忘れたの?)
心の中で叫びながら、杏奈の目が先を追った。 ――本文より

太宰治と同じ津軽出身の大学生・谷明人は、自然を破壊する全存在を敵と見なし、過激な環境テロ活動に走った。第一の犠牲者は、青森県の黄金崎不老ふ死温泉で発見される。大企業を経営する彼の実父・重則だった。さらに明人は戦慄の首都圏テロを予告。だがその裏で、太宰ファンの美少女が相次いで失踪する。両者を結ぶ驚愕の真相は! 志垣警部は犯人の陰謀(トリック)を見抜けるか?