探偵・藤森涼子の事件簿

タグ
シリーズ
  • A6判384ページ
  • 2012年06月05日発売
  • 本体価格 648円+税
  • ISBN 978-4-408-55078-7
    • 在庫あり
探偵・藤森涼子の事件簿

内容紹介

事件と謎解き、少し恋愛

1993年、世の中がまだバブル景気に浮かれていたころ、OLを辞め、「求む、バカな人」という求人広告に惹かれて探偵事務所の門を叩いた女がいた――20年にわたって書き続けられている「藤森涼子シリーズ」の短編の中から、「善意の檻」「封印された夏」「遊戯の終わり」「追憶の猫」「ウンディーネの復讐」の5編を収録。緻密な謎解きやサスペンスを堪能できる本格ミステリとしてはもちろん、ひとりの女性の成長物語としても十二分に楽しめる傑作短編集。