十津川警部 あの日、東海道で

タグ
シリーズ
  • A6判336ページ
  • 2012年02月03日発売
  • 本体価格 600円+税
  • ISBN 978-4-408-55068-8
    • 在庫あり
十津川警部 あの日、東海道で

内容紹介

東海道五十三次、左富士の名所、吉原宿の版画が語るものとは?

日下刑事は大学時代最後の春休みに「青春18きっぷ」を使い、東海道本線を西に向かう旅に出た。その出発当日に2件の鉄道人身事故があったことを知る。5年後、日下がかつて旅行中に立ち寄った静岡県吉原駅近くの喫茶店主が轢き逃げ死を遂げ、続いて東京で男が刺殺される。事件を結ぶ糸を感じた日下は、十津川警部にあることを伝えるが……。 [解説・原口隆行]