越後・親不知 翡翠の殺人私立探偵・小仏太郎

タグ
シリーズ
  • 新書判256ページ
  • 2021年06月24日発売
  • 価格 990円(税込)
  • ISBN 978-4-408-53784-9
    • 在庫あり
越後・親不知 翡翠の殺人

内容紹介

上高地、京都、金沢、糸魚川…行方を絶った男は犯人か、被害者か――
死の断崖に七色の殺意

人気トラベルミステリー
シリーズ最新刊書下ろし

山小屋の男の失踪の裏に十九年前の殺人事件が!?

長野松本署からの調査依頼が小仏探偵事務所に持ち込まれた。
上高地の山小屋の管理人・徳久が、宿泊予定の登山者の上野を探しに、
外を見に行ったまま戻ってこないという。
上野は偽名を使っており、二人の間に事件が起きた可能性もある。
徳久の過去が関係していると考えた小仏は、彼の出身地である新潟県糸魚川市親不知へ。
その後、彼の足跡をたどり、京都、東京、金沢と調査行を続けるが、
親不知で起きた未解決事件が浮かび上がり…。

目次

【目次】
第一章 親不知子不知
第二章 京都へ
第三章 夜の山荘
第四章 明日の月光
第五章 金沢夜曲
第六章 黒い流星
第七章 海峡