黒闇

タグ
シリーズ
  • 四六判上製448ページ
  • 2015年09月04日発売
  • 本体価格 1800円+税
  • ISBN 978-4-408-53673-6
    • 品切重版未定
黒闇

内容紹介

「性と生」を描くカリスマ 初の単行本!!

妻に養ってもらい、堕落した日々を送る男。ある日、妻が離婚を切り出すと、それを拒否。妻の恋人が、日本で一番売れている音楽アーティストだからだ。離婚を渋る男に、「血の繫がった娘を捜しだしたら、三千万円支払う」とアーティストは依頼する。男は母娘を捜し、パチンコ通いの母、風俗店で働く20歳の娘と出会う。そして、突然恋に落ちた――。最底辺の暮らしから抜けだすために家族になった、男と女とその連れ子。過去を忘れてまっとうに働き、地道に生きていこうとするが……。ちぎれる愛、諍う母娘、巨額の遺産話、暴力と殺人。人間の「性と生」を描く、暗黒の恋愛小説。

「これまで書いてきた小説からは一歩も二歩も進化し、深化もした作品である」「闇の向こうを見てみたいと思った……セックスをテーマにした小説を書いている私にとって、闇とはオルガスムスであり、オルガスムスは死のメタファーである。必然的に、死の向こう側を見つめる作品になった」(草凪優)

装丁は、第49回造本装幀コンクール・経済産業大臣賞受賞の造本家・町口覚(マッチアンドカンパニー)。写真は、荒木経惟の愛弟子であり、世界で活躍する写真家・野村佐紀子。漆黒と銀が織り成すカバーが、読者を黒く深い闇の世界へ誘う。

【評論家&書店員さんから絶賛・感嘆の声!】
「とても危険な小説だが、どこまでも心地よい」
(池上冬樹・文芸評論家)

「性と死の極限を描いた、草凪優の最高傑作」
(末國善己・文芸評論家)

「虚無を抱えた男、偽善にすがる女――暗黒の恋愛小説だ」
(杉江松恋・文芸評論家)

「官能小説だと思い油断して読んだら、裏切られた。本気の文学だった。」
(田口幹人さん・さわや書店 フェザン店)

「狂おしく儚く眩しい命の咆哮に思わず言葉を失った」
(内田 剛さん・三省堂書店 営業企画室)

「人は愛によって力を得ることもあれば狂気に陥ることもある」
(平井真美さん・八重洲ブックセンター 本店)

「すべての人が、良くも悪くも前に進もうとして、堕ちた。それがいい」
(森 瑞人さん・紀伊國屋書店 新宿本店)

目次

第一章 周回遅れ
第二章 突き抜けたい
第三章 にわか家族
第四章 アンダーカレント
第五章 キルユー、キルミー
第六章 病める者たち
第七章 因果の果て
第八章 トリガー
第九章 難破船
第十章 闇の彼方に