ぱりぱり

タグ
シリーズ
  • 四六判上製232ページ
  • 2014年07月10日発売
  • 本体価格 1500円+税
  • ISBN 978-4-408-53648-4
    • 品切重版未定
ぱりぱり

内容紹介

大切なひとは、誰ですか――

才気あふれ、17歳という若さでデビューした詩人・すみれ。彼女の成長は少しだけゆっくりで、その後もまわりが少しハラハラするような、でもそのときどきに宝物を残してくれるようなものでした……

幼い娘の成長に不安を覚える母、生徒に詩人としての才能を見出した中年教師、姉の自由さに苛立ちながらその才能に憧れる妹、伸び悩む詩人に苦悩する編集者、クラスメートの名前が書かれた詩集に出会う販売員、アパートの隣人にときめく大学一年生男子。すみれと係わったひとびとが、その季節のあとに見つけたものは……

本作は、アンソロジー『あのころの、』(実業之日本社文庫)に収録された短編「ぱりぱり」を第1話に、詩人すみれと出会った人々それぞれの視点で描かれる全6話の連作短編集。

目次

【収録話】
ぱりぱり
うたう迷子
雨が降ったら
うぐいす
ふたりのルール
クローバー

装画は、陶器やファブリック、版画などを手掛けるアーティスト・鹿児島睦氏。