ゆるやかな生き方

タグ
シリーズ
  • B6判変型上製300ページ
  • 2014年07月10日発売
  • 本体価格 1200円+税
  • ISBN 978-4-408-53642-2
    • 在庫あり
ゆるやかな生き方

内容紹介

既刊本未収録エッセイの集大成

五木寛之氏の最新エッセイ『ゆるやかな生き方』は、2004年から2013年にかけて各紙誌に執筆された膨大なエッセイの中から、これまでの既刊本に未収録のものを抜粋し、再構成、編集した集大成版といえます。人はだれでも、雑事に追われながらせわしく生きていくものです。そのようなあわただしい日々の中、自分に「ご苦労さん」と言いつつ、生きづらい世の中を、身軽に、ゆるやかに生きるヒントがちりばめられた書です。

目次

第一部 ゆるやかに生きる
のんびりと、ボチボチと
悲鳴から生まれる智恵
小さな時間の小さな楽しみ
心萎える国と命甦る国
箸は二本というけれど
五目炒飯文化のゆくえ
金をかけない道楽のすすめ
靴と鞄のスタンダード
時が流れる自分も変る
日暮れて道なおはるか ほか

第二部 健康と日常
日常の意外な忘れもの
「これ一つ」ではダメなのだ
わが内なるギックリ腰
体の言葉に耳を傾ける
自分で判断するしかない
現代社会の七ふしぎ考 ほか

第三部 気ままな旅
古い街に吹く新しい風
ガンジスの流れは青かった
インドの風に吹かれて
広州から韶関へ酷暑行
カメラもつ旅もたぬ旅日記
ブータンの寅さんたち
韓国の寺を訪ねて思うこと
アメリカかいなで紀行
日本人ばなれした九州人 ほか