男たちの決闘昭和の名勝負伝

タグ
シリーズ
  • 四六判上製300ページ
  • 2006年04月17日発売
  • 本体価格 1800円+税
  • ISBN 978-4-408-53492-3
    • 品切重版未定
男たちの決闘

内容紹介

昭和の戦前・戦後の厳しい社会環境のなかでも、人々を熱狂させたヒーローたちがいた。暗い世相にあっても燦然と輝いた七人の伝説的な英雄たちの軌跡を、事実に即して追いかけ、ライバルとの対決を中心に描いた実録短編集。囲碁界の不敗伝説をもつ本因坊秀哉、六十九連勝の偉業を成し遂げた横綱双葉山、関西の棋聖・将棋の鬼坂田三吉、ライバル水原茂との日本シリーズは全国を沸かせた三原脩監督、日本人初のボクシング世界チャンピオン白井義男、プロレスの王様・空手チョップの力道山、カナダカップで優勝したゴルファー中村寅吉ら、一時代を築き上げた快男児の誇り高い矜持を、ベテラン直木賞作家が描く七編の物語。