アコギなのかリッパなのか

  • 畠中恵 著(ハタケナカメグミ)
タグ
シリーズ
  • 四六判上製276ページ
  • 2006年01月16日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-53487-9
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
アコギなのかリッパなのか

内容紹介

21歳の大学生・佐倉聖は腹違いの弟を養うため、元大物国会議員・大堂剛の事務所に事務員として勤めている。ここに持ち込まれるのは、大堂の弟子にあたる議員からの様々な問題。飼い猫の毛の色が変わる謎、後援会幹部が何者かに殴打された事件の始末、宗教団体へ入信の秘書が寄進した絵画の奪還、商店街を二分するダイエット騒動に巻き込まれた区議会議員立候補者……などの厄介ごとに事務員として関わらざるを得なくなった聖は、元不良の負けん気と機転の利く頭で、センセイ方顔負けの“解決”を成しとげてしまうのであった――。政界の不可思議を一刀両断にする現代ミステリー。