十津川警部 東北新幹線「はやぶさ」の客

タグ
シリーズ
  • 新書判196ページ
  • 2014年01月10日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-50543-5
    • 品切重版未定
十津川警部 東北新幹線「はやぶさ」の客

内容紹介

豪華客室<グランクラス>で殺人が!

有力政治家射殺事件との関連は――!?
東京から新青森へ向かう東北新幹線「はやぶさ15号」の豪華客席〈グランクラス〉の車中で、車両の最後尾にいた男が意識を失い死亡した。その男・佐々木要は東京・六本木の高級マンションに住む経営コンサルタントだったが、保守党の有力代議士・君原清道が射殺された事件の容疑者として十津川がマークしていた人物だった。しかし、この二つの事件の間には八カ月という時間が経っていた。その間に佐々木はどこにいたのか、そして何があったのか、闇は深まるばかりだった。事件に偶然居合わせた専門誌「鉄道の友」の編集者・立花やカメラマンの白石由美らも巻き込んだ捜査の行方は――!? 長編トラベルミステリー!

目次

第一章 グランクラス
第二章 二の会
第三章 八カ月の闇
第四章 若者と老人の世界
第五章 あるメッセージ
第六章 反転
第七章 本当の終わりは