追分殺人事件

タグ
シリーズ
  • 新書判260ページ
  • 2007年05月18日発売
  • 価格 901円(税込)
  • ISBN 978-4-408-50483-4
    • 品切重版未定
追分殺人事件

内容紹介

信濃追分で人形や小物を売る土産物店を営む丸岡一枝。ある冬の夜、一枝には見憶えのない男の死体が店の前に遺棄され、信濃のコロンボこと竹村岩男警部が捜査を開始した。同じ頃東京で、かつて本郷追分と呼ばれた場所にある「八百屋お七の墓」で男の変死体が発見され、警視庁の岡部和雄警部が捜査に乗り出す。二つの事件に「追分」という共通点があることに着目した竹村が岡部を訪ねて上京。手掛かりも少なく捜査が難航する中、身元不明だった被害者は夕張炭鉱で働いていた、という情報が寄せられ、捜査陣は北の町へ飛んだ…。