十三の墓標

タグ
シリーズ
  • 新書判260ページ
  • 2006年11月17日発売
  • 価格 901円(税込)
  • ISBN 978-4-408-50472-8
    • 品切重版未定
十三の墓標

内容紹介

「パパが、ママが、帰ってこないの」……警視庁捜査一課、岡部警部の部下・坂口を五歳の姪が訪ねて訴えた。姉夫婦に何が!? 不吉な予感に襲われる坂口に、義兄が福島県郡山近郊の石川町で、殺されて見つかったという悲報が届く。現地に飛んだ坂口は、古典文学の研究者・吉川弘一から、数日前に義兄を佐賀県有明町で目撃したという証言を得る。二つの町には王朝の歌人和泉式部の史蹟があり、義兄は失踪直前に「イズミ」という言葉を残していた。事件の背景に和泉式部が関係しているのか!? やがて姉も他殺体で発見され、両親を喪った幼い姪のため、若き刑事は真相究明に乗り出した――。旅情豊かに展開する、岡部警部シリーズの傑作長編!