五郎丸日記

タグ
シリーズ
  • 四六判332ページ
  • 2015年12月18日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-45583-9
    • 在庫あり
五郎丸日記

内容紹介

W杯期間中、五郎丸歩選手が自ら記していた
激闘の日々を完全収録。

2015ラグビーワールドカップの期間中、五郎丸歩が毎日記していた日記。そこにはこの4年間で彼が得たもの、犠牲にしてきたものを通して「Japan Way」のすべてが描かれていた。
五郎丸曰く、「ワールドカップのあいだは、日記を書くことが新たなルーティンになっていました」

帰国後、多忙を極める中で、ノンフィクション作家の小松成美が、本人とのマンツーマン取材を繰り返した。

五郎丸もインタビューを受ける中で、熱い記憶が更に鮮明に蘇る。取材終了時刻がきても、濃厚な言葉が飛び交い続け、それが止まる気配がない。

複数回、そんな取材を繰り返し、小松は不眠不休でキーボードを叩き続けた。
そして完成したのが本書『五郎丸日記』。

日記全文を完全収録!
歴史が変わった2015ラグビーワールドカップと、そこまでの長き道程における
アスリート・五郎丸歩の心の動きを、克明に切り出して描く話題作!