「もしも?」の図鑑 古生物の飼い方

タグ
シリーズ
  • A5判112ページ
  • 2015年11月19日発売
  • 本体価格 1000円+税
  • ISBN 978-4-408-45575-4
    • 在庫あり
古生物の飼い方

内容紹介

気持ち悪い!! 恐竜以前の世界にいた、ありえない生物たち!

人類の歴史がはじまる遥か昔、恐竜すらいなかった地球を支配していた「古生物」たち。
絶滅してしまったそんな生物たちが、もしも現代にいたら…もしもペットにできたなら…
そんなありえない設定で、太鼓の生物の魅力と神秘をひもとく、新感覚の空想科学図鑑です。

「体の大きさ」「どんな地域や環境で生活していたか」「何を食べていたか」などの基準で、総合的に飼いやすさを判定し、星の数でランク付け!

目次

プロローグ漫画 アノマロとのふしぎな出会い

第1章 古生物を知ろう!
大昔の生き物がいたころの地球
化石のでき方・見つけ方
生きている化石     …など

第2章 カンブリア紀の生き物を飼おう!
生命史上初の覇者 アノマロカリスを飼おう!
三葉虫の仲間
一つ目の小さなモンスター カンブロパキコーペを飼おう!  …など

第3章 オルドビス紀・シルル紀の生き物を飼おう!
あごのない魚の代表 サカバンバスピスを飼おう!
巨大サソリ ブロントスコルピオを飼おう!   …など

第4章 デボン紀の生き物を飼おう!
古生代“最恐種” ダンクレオステウスを飼おう!
植物のような姿の動物 アンキロクリヌスを飼おう! …など

第5章 石炭紀・ペルム紀の生き物を飼おう!
史上最大級の陸上節足動物 アースロプレウラを飼おう!
穴ほり名人!? ディイクトドンを飼おう!  …など

エピローグ漫画 さよなら! アノマロ