京王線・井の頭線沿線の不思議と謎

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2015年09月18日発売
  • 本体価格 850円+税
  • ISBN 978-4-408-45569-3
    • 在庫あり
京王線・井の頭線沿線の不思議と謎

内容紹介

下北沢と上北沢はなぜ遠く離れているのか?

「井の頭線の終点は吉祥寺駅じゃなかったかもしれない??」
「『多摩』と『多磨』、はたして正解はどっち!?」
「かつての駅名が『火薬庫前』だった駅とは?」
「井の頭公園のスワンボートに一隻だけ交じる『オス』の謎とは?」
「かつて多摩川には『プール』があった!?」

・・・・・・など京王線・井の頭線沿線にひそむ地理・地名・歴史の意外な真実やおもしろエピソードが満載。読めば、ふだんなにげなく見ている駅や沿線風景が違って見えてくる! 京王線・井の頭線沿線がもっと好きになる一冊。

カラー図版付き
『京王電車沿線名所図会』(昭和5年発行)

目次

第1章 おもしろスポット目白押し! 沿線ぶらり途中下車の度
第2章 意外と知らない!? 京王電鉄その歴史と歩み
第3章 思わず行きたくなる沿線ミステリーマップ
第4章 豊かな自然が育んだ不思議と謎
第5章 ルーツを知ればナットク! 京王電鉄駅名トリビア