ハメス・ロドリゲス 信じる

タグ
シリーズ
  • 四六判264ページ
  • 2015年08月06日発売
  • 本体価格 1600円+税
  • ISBN 978-4-408-45556-3
    • 在庫あり
ハメス・ロドリゲス 信じる

内容紹介

若きファンタジスタはいかにして生まれたのか?

決してサッカー強豪国とは言えない南米コロンビアの片田舎に生まれたハメス・ロドリゲス。母親が「生まれたときすでにサッカー選手だった」と表現するように、幼いころからサッカーのことばかり考えている少年だった。

コロンビアでプロデビューをしてからアルゼンチン、ポルトガル、モナコとキャリアを進めて臨んだ2014年ブラジルW杯では、コロンビア代表の10番を背負い、史上最高となるベスト8進出に貢献する。大会得点王にも輝き、無名の選手から一躍ブレイク。大会後にはスター軍団レアル・マドリードのオファーを受け、名実ともにトップ選手の仲間入りを果たした。

本書は、そんな彼が世界のトップへと上り詰めた成長の軌跡を、母国コロンビアの実力派ジャーナリストが描く。家族や幼少期のチームメイト、コーチたちへの綿密な取材により、ハメス・ロドリゲスのサッカーへの情熱、ひたむきさ、誠実さ、家族や友人への愛情など、若くして一流のサッカー選手に成り得た人間性が見える。弱冠24歳。これから多くの熱狂を生み出すであろう、若きファンタジスタの原点がここにある。

目次

第一章 サッカーとの出会い
フィクションと現実の狭間で
ボールと感情
最強のチーム
国を知り、海を知る
負けず嫌いな少年

第二章 プロ生活のスタート
巨大トロフィー
サッカーで食べていくのは楽じゃない
コロンビア版メッシ
父ハメスの告白

第三章 挫折と成長
どこでプロになるか
バンフィエルドとホームシック
本書のきっかけ―ラ・ボンボネーラ・スタジアムにて
ドラゴンの精神
億万長者で頼りになる父親

第四章 世界のトップへ
代表チームの10番がW杯の最優秀選手に
冷たいモナコから熱いレアル・マドリードへ
友人たちのその後。そして、ハメスの未来は?
ハメスと日本。【日本語版記念書き下ろし】