福岡「地理・地名・地図」の謎意外と知らない福岡県の歴史を読み解く!

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2014年12月18日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-45526-6
    • 在庫あり
福岡「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

福岡市なのに、なぜ博多駅!?
その謎からわかる意外な歴史とは?

「大宰府にかつて存在した謎の宿泊施設、その実態とは…!?」
「繁華街として賑わう天神に当初駅を設置する予定はなかった!?」
「世紀の大合併で誕生した『北九州市』 本当は『西京市』だった!?」
「篠栗新四国霊場、九州にあるのになぜ四国?」
「『親不孝通り』から『親富孝通り』へ」
「有明海の三角州・大野島と大詫間の県境を決めたのは神様!?」
「官営八幡製鉄所の建築地として『八幡』が選ばれたワケ」
「筑後平野の至るところにある堀、なんのためにあるの?」
「お供え物がおもちゃの刀!? 七郎権現神社の謎」
「『箱崎』と『筥崎』、どっちが正解!?」

……など、福岡県の地理や地名、地図に隠された、意外な歴史のエピソードを紹介。県民も驚く、雑学ネタが満載の本。

目次

第1章 地図を眺めれば浮かび上がる! 知られざる福岡の姿
第2章 知れば知るほど面白い! 福岡歴史ヒストリア
第3章 福岡の自然に隠された謎
第4章 一度はきんしゃい! 福岡珍名所案内
第5章 いったいどうして!? 地名が語る意外な由来