茨城「地理・地名・地図」の謎意外と知らない茨城県の歴史を読み解く!

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2014年10月31日発売
  • 本体価格 800円+税
  • ISBN 978-4-408-45517-4
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
茨城「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

1000年以上の歴史をもつ地名「下館」はなぜ消えたのか?

関東平野の肥大な土地に広がる茨城県は、北から阿武隈高地、東は太平洋に面する開放的な空間で満ちています。茨城県には、山も海も湖もある豊かな自然があり、全国有数の農業県です。その一方で県南部は、首都圏の一部として人口が増加しています。最近では、学園都市のつくばから秋葉原を結ぶ「つくばエクスプレス」が開通し、守谷をはじめとする沿線の街は、新たな時代における理想的な環境のベッドタウンとして注目されています。

本書は、「地名と方言にまつわる不思議に迫る」「交通と地理が生んだ幾多のドラマ」「意外なところで日本一、茨城の産業とレジャー」「随所で語り継がれるミステリースポット」「常陸国の約1300年の歴史に残る逸話の数々」と五つの章があります。地理、地名、地図、産業、歴史など、さまざまな視点で捉えた茨城の謎や不思議について紹介しています。