10分でわかる!社会のぎもん 2年生なぜだろうなぜかしら

タグ
シリーズ
  • A5判176ページ
  • 2013年05月30日発売
  • 本体価格 900円+税
  • ISBN 978-4-408-45436-8
    • 在庫あり
10分でわかる!社会のぎもん 2年生

内容紹介

「社会」について、子どもたちが抱く素朴な疑問に答える!
朝の読書にぴったりな一冊!!

「社長になるにはどうすればよいの?」といった子どもが抱く、親も学校の先生も思わず答えにつまるような素朴な疑問。中でも「社会」にまつわる疑問に答えるのが本書です。学校の先生が子ども達から本当に受けた疑問ばかりを集めました。生活のことや仕事のこと、お金や政治のことなど、小学校2年生が読みやすい平易な文章で解説しています。朝の読書にもぴったりな一冊です。

「なぜ、こどもの日にこいのぼりをかざるの?」「どうして人はしぬの?」「電車がこんでたいへんなのに、なんで、みんな朝同じ時間に会社に行くの?」「けいさつかんのことを、なぜ、おまわりさんとよぶの?」「火事のないとき、しょうぼうしはなにをしているの?」「なぜ、一円玉や十円玉は丸い形をしているの?」「どうして子どもはお金をかせげないの?」「ドルと円、なにがちがうの?」「なぜ、お金もちとびんぼうな人がいるの?」「さいばんしょは、なにをするところ?」……など、40個の疑問を掲載しています。