非常識の医学が病を治す

タグ
シリーズ
  • A5判300ページ
  • 2012年12月15日発売
  • 本体価格 1900円+税
  • ISBN 978-4-408-45419-1
    • 在庫あり
非常識の医学が病を治す

内容紹介

体の仕組みを活かせば薬は止められる!

日本人ほど薬を信仰する国民はいません。世界で生産されている抗ガン剤の7割、ワクチンの8割が日本で使用されているのです。あまりにも多い数字です。病気はとても単純なことが原因で起こるものです。それが長い時間積み重なって、病として発症するのです。病気になる前の生活を振り返って見ると、何がいけなかったのか、だいたいの見当がつくでしょう。職場や家庭でのストレス、夜更かし、暴飲暴食、タバコの吸い過ぎ……。それに気づき、体への負荷を減らす対策を講じて、実践していけば、薬に頼らずに病を克服することができます。人間が元来もっている「自己治癒力」は非常に優れたものです。そのことを知った上で、自分の体に興味をもって、探究心とともに意識改革に取り組むことが治癒への近道なのです。本書では、心と体の仕組みを活かす治療法の具体例を、自律神経免疫療法を提唱する3名の医師がわかりやすく解説しています。